家賃無料で、暮らしをためそう。

「どこでも移住」半年のあいだ、日本各地の5市町村の家や施設を、移り変わりながら家賃無料で住むことができる、実験的な体験移住プログラムです。

暮らしを体験するプログラムなので、住む場所があるほかには、観光ツアーや起業・就農支援、ワークショップなどのプログラムは用意されません。どこでも移住プログラムは、以下のような制度で運営されます。

  • 家賃無料。部屋が空いていれば、いつでも・どこへでも訪れてよいし、いつでも帰ることができます。
  • 起業や就農支援はありません。
  • もし必要であれば、各地のコーディネーターがハブとなり、空き家探しや人脈づくりをサポートします。

体験期間中に何をしていただくかは自由です。空き家を探していただくのもよし、何もしないのもよし、新たな活動や仕事に取り組むのもよし。まずは「そのまちに住む」ということを自由に体験してみてください。

今回のどこでも移住は、初めて開催される実験的な試みです。参加者同士で共同生活していただくことになるなど、想定外のことやアクシデントも起きることが想定されます。そんな不安定な状態を、ゼロからともに楽しんでいけたらと思っています。

どこでも移住の5市町村

今回、どこでも移住で住むことができるまちは、徳島県阿波市、長崎県壱岐市、長野県木曽町、沖縄県国頭村、福井県鯖江市の5市町村。

拠点を定めて長期間お試ししてもよいですし、1週間や1ヶ月間など、短い期間でいろいろなまちを体験してみることもできます。次のまちに訪れたいと思ったらコーディネーターに連絡!空きがあれば住んでいただける仕組みです。

体験いただける住まい方も、コーディネーターの個性も、市町村によってさまざま。それぞれの紹介記事をご覧いただき、みなさんが住むまちに思いを馳せてみてください。

みなさんを迎える、各地のコーディネーターをご紹介します!

久保 勇人

沖縄県国頭村

琉球文化が色濃く残り、世界自然遺産への登録を目指す「やんばる」、国頭村で移住体験、コワーケーションしてみませんか!?

色々チャレンジできる町!

地域の魅力を伝えてくれる人、阿波市でおためし移住してみませんか?

濱 佐知

徳島県阿波市

坂田 賢治

長崎県壱岐市

壱岐島と福岡の二拠点居住をしています。余白がない都市とは違って、壱岐島には余白があり、自分の人生を生きている魅力的な人がいます。ぜひ一緒に壱岐島での暮らしを楽しみましょう!

谷あいに栄えた中山道の宿場町・木曽町。御嶽山のふもとに位置する人口1万人の小さな町ですが、自然も人も魅力はたっぷりです!ぜひ!いろいろご紹介します〜

坂下 佳奈

長野県木曽町

森一貴

福井県鯖江市

僕自身も移住当事者。移住して分かったのは、体験移住は観光よりも「暮らす」のが大事だということ。そして「いつでも去れる」と思えることが大事だということでした。そんな思いで始めるプログラム。みなさんとお会いできることを楽しみにしています!

移住開始までの流れ

  • 9/4,9/15: オンライン説明会
  • 9/21: どこでも移住・参加〆切
  • 〜9/30: 初回の場所・日程の調整
  • 10/1〜: どこでも移住スタート!

募集要項

・年齢:20〜40歳程度までの方(但し、ご家族での参加も可)

・期間:10/1〜3/31(最短1日〜最大半年)

・定員:30〜40名程度(長期参加可能な方を優先のうえ、先着順)

・その他条件等:各市町村の記事をご確認ください

 ※最大居住可能日数は市町村により異なります。

 ※現在住民票のある市町村内でのお試し移住はできません。

 ※参加にあたり、オンライン説明会への参加が必須となるほか、住民票の郵送と保証人が必須です。

Q&A

Q.本当に無料で住めますか?

A.本当に家賃無料です。但し、水道光熱費や通信費等は別途お支払いが必要な市町村があります。また、交通費の支給はございません。

Q.複数名(家族・カップル・グループ)で申し込むことはできますか?

A.可能です。但し、市町村によってはお断りする場合があります。

Q.途中でやめたり、他の市町村へ移ることはできますか?

A.可能です。

Q.途中からの申込みは可能ですか?

A.9/21を〆切とし、途中参加はできません。

申込み・お問い合わせ

応募多数のため、どこでも移住のオンライン説明会ならびにどこでも移住への参加申込みは締め切りました。

次の機会をお待ちください。

Tweet share はてな google+